東部エリア
権現の滝

権現の滝(むろいけ園地)|大阪市内で氷瀑が見られる滝へハイキング【車で行ける山登り】

記載内容の正確性、整合性は保証しておりません。
コロナウイルスの影響により営業状況が異なる場合がございます。
記載内容の正確性、整合性は保証しておりません。
コロナウイルスの影響により営業状況が異なる場合がございます。
\ ドライブブログ立ち上げました! /
関西人のためのドライブブログ!いっタビ、関西。
権現の滝(むろいけ園地)ハイキングデータ
登山レベル初級 1.0
総距離3.1km
所要総時間2時間40分 (総休憩時間:20分)
高低差75m

評価項目の説明はこちら

・大阪市内から30分圏内と好立地な場所で氷瀑が見られる
・むろいけ園地のハイキングコースはなだらかな場所が多く、トイレなどの設備も多い
・できれば早朝に赴くと、氷瀑になっている確度が高い
スポンサーリンク

【車で行ける山登り】権現の滝について

権現の滝の案内板権現の滝は大阪府の四条畷市にある、高さ20メートルの滝です。昔から多くの修験者が祈願をしにくる場所であったのだとか。パワースポットとして今にまで至っているのですね。

権現とは、権(かり)に現れる神 = いわゆる仏様が万民を救う際、地上に何かしらの姿(仮の姿)で現れるということだそうです。

 

むろいけ園地について

むろいけ園地 園内マップ今回のハイキングコースとなるむろいけ園地は、府内6か所にある大阪府民の森の1つです。むろいけ園地は大阪府民の森の中でも、特に大阪市内から手軽に行ける公園ですので、老若男女問わず人気のスポットです。園内は大型遊具、レストラン、キャンプ場、自然鑑賞ができるハイキングコースなど様々なエリアがあります。

権現の滝(むろいけ園地)への行き方は?

むろいけ園地から権現の滝へのルート※アプリ ヤマレコから抜粋

権現の滝は、下記3つのハイキングコースから目指せます。

  1. むろいけ園地からのハイキングコース(東側)
  2. 飯盛山登山口からのハイキングコース(北西側)
  3. 野崎観音からのハイキングコース(南西側)

【1.むろいけ園地からのハイキングコース】は権現の滝を目指す中で、最短ルートとなります。

権現の滝(むろいけ園地)へのアクセスや駐車場について

権現の滝へ車で行くには、むろいけ園地ハイキングコースに無料駐車場が完備されているため、車でのアクセスも可能です。収容台数は162台となっています。

権現の滝(むろいけ園地)ハイキングコースにトイレはある?

むろいけ園地 森の工作館むろいけ園地のハイキングコース内では各箇所に公衆トイレが設置されています。今回のコースでは森の学校を通過するので、ここで用を足しておくことが可能です。設備も普通で問題ないと思います。

スポンサーリンク

権現の滝(むろいけ園地)の見どころ・ハイキングレポート

10:55~ 水辺自然園

むろいけ園地 エントランスゲート



11:00~  ネイチャートレイル分岐点

むろいけ園地 遊歩道分岐点ネイチャートレイルはアップダウンも少なく、歩きやすいよう道も整備されているため、自然を鑑賞しながらウォーキングする感覚で行けますよ。

権現の滝(むろいけ園地)ハイキングコース
権現の滝(むろいけ園地)で見つけたフユイチゴ
権現の滝(むろいけ園地)ハイキングコース
権現の滝(むろいけ園地)ハイキングコース
権現の滝(むろいけ園地)ハイキングコース

▲クリックすると拡大して見れます

むろいけ園地 眺望スポットハイキングコースの11番付近にある眺望スポットで一息休憩も。



ここから急勾配な階段道へ

権現の滝(むろいけ園地)ハイキングコース
権現の滝(むろいけ園地)ハイキングコースで見つけたドングリ
権現の滝(むろいけ園地)ハイキングコース

▲クリックすると拡大して見れます



11:40~ 権現の滝 参道

権現の滝 参道権現川が流れ、一気に神聖な空気感へと変わる参道は、伊勢神宮の内宮にも似た雰囲気を持ちます。

権現の滝(むろいけ園地)参道
権現の滝(むろいけ園地)参道
権現の滝(むろいけ園地)参道
権現の滝(むろいけ園地)参道

▲クリックすると拡大して見れます

権現川冬になると氷点下にもなるむろいけ園地この辺りの気温は特に低く、岩も氷でコーティングされていました。



11:50~ 権現の滝

権現の滝これが高さ20mの権現の滝の姿、完全に氷瀑している…とまでは言えないものの、しっかり氷柱ができており、もっと早い時間に訪れれば、完全体がお目見えできたのではと思われます。

権現の滝
権現の滝
権現の滝
権現の滝

▲クリックすると拡大して見れます



12:30~ かるがも橋

むろいけ園地にかかる橋権現の滝から来た道を戻り、ネイチャートレイル10番の分岐点で行ってない道へ進むことで、むろいけ園地を周遊できるハイキングコースとなります。そのコースの最初の地点が、ここかるがも橋です。

むろいけ園地のかるがも橋かるがも橋からの眺望。澄んだ空気と青空が凍った池の表面に映し出され、とても美しい風景です。



12:50~ 中堤

むろいけ園地の中堤

むろいけ園地の中堤案内板むろいけ園地のルーツが伺える立て看板。氷室池と呼ばれたこの地は、平安時代には氷を作り、京の宮廷に運ばれていたとされ、いつしか氷が作られなくなり、室池(むろいけ)へと変わったのだとか。



13:00 新池展望広場

むろいけ園地 新池展望広場

むろいけ園地 新池展望広場
むろいけ園地 新池展望広場
むろいけ園地 新池展望広場
むろいけ園地 新池展望広場

▲クリックすると拡大して見れます

この辺りは異常に捨て猫が多く、各所に捨てないでとの注意書きがあります。捨てないことはもちろん、捨て猫にエサを与えるなど、繁殖して生態系が崩れることは絶対やめましょう。悪いのは捨てた飼い主なんですけどね!



ボードウォークを抜けてスタート地点へ

むろいけ園地の湿生花園



13:40 水辺自然園

スポンサーリンク

今回のハイキングルートのおさらい

詳細情報
公式サイトhttps://www.city.shijonawate.lg.jp/soshiki/38/1949.html
場所Google Map
営業時間
定休日
駐車場むろいけ園地に駐車(徒歩45分)

 

▼▽ このエリア周辺のレポートを探す ▽▼
大阪東部エリア一覧