淡路島エリア
東浦温泉花の湯

天然温泉 東浦花の湯|淡路島が誇る美肌の湯へ行ってきた♪

記載内容の正確性、整合性は保証しておりません。
コロナウイルスの影響により営業状況が異なる場合がございます。
記載内容の正確性、整合性は保証しておりません。
コロナウイルスの影響により営業状況が異なる場合がございます。
\ ドライブブログ立ち上げました! /
関西人のためのドライブブログ!いっタビ、関西。
東浦花の湯 評価
①湯力2.5
②ロケーション2.0
③施設力1.5
④お値打ち度2.0

評価項目の説明はこちら

スポンサーリンク

東浦花の湯の泉質について

温泉東浦温泉
泉質単純温泉 (低張性・弱アルカリ・低温泉)
ph値7.73
湧出量毎分217ℓ
掛け流し
加温
加水
循環ろ過有?
塩素消毒

東浦温泉花の湯▲温泉分析表①

東浦温泉花の湯▲温泉分析表②

 

メタけい酸が豊富な美肌の湯

東浦花の湯の泉質は、弱アルカリ性の単純温泉です。中でも美肌に欠かせないメタけい酸の含有量が100mgを超しており、美肌の湯として知られています。

源泉の泉温が25℃の低温泉ですので、加温は間違いありません。むしろ内湯は体感的にちょっと熱かったです。湧出量は毎分271ℓと割と豊富ですので、加水有無は不明です。

塩素の臭いは少しあり、循環ろ過はわかりませんでしたがしてそうでした。掛け流し浴槽はありませんでした。

施設に隣接して温泉スタンドがあります。10ℓ10円なので150~200円くらい出せば、1日分は自宅でも楽しめます♪

 

効果と注意点

単純温泉は、肌への刺激が少なく柔らかいのが特徴です。自律神経を安定させてくれる働きがあり、うつ病や不眠症に効果があるといわれています。

 

東浦花の湯のロケーションについて

東浦花の湯の浴室は、内湯と露天風呂、サウナがついています。露天風呂は大きくなく、開放的なロケーションではありません。

内湯は露天風呂と地続きになっており、湯に浸かりながら行き来自由でした!
スポンサーリンク

東浦花の湯の施設について

ロッカーは100円玉を入れてロックをかける仕組みになっています。広くはありません。ドライヤーは3基、風量は普通でした。

浴室には、メーカー不明ですがアメニティ(ボディソープ・リンス、シャンプー)が備え付けられていました。

 

東浦温泉花の湯温泉からあがると1階ロビーにテーブルチェアが3式、マッサージチェア3基、売店があります。

 

東浦温泉花の湯ごろ寝できる畳のスペースがありました。

 

東浦温泉花の湯2階にはさらに大きな休憩室がありました!

 

東浦温泉花の湯2階には展望デッキがあります。この日はとてもきれいな夕焼けでした。

 

東浦花の湯へのアクセスについて


東浦花の湯は兵庫県の淡路島にある温泉施設です。近隣には明石国営海峡公園あわじ花さじき、ニジゲンの森など、淡路島を代表する観光スポットが並んでいます。

高速ならば淡路鳴門自動車道の東浦ICで降りて5分くらいの距離です。

 

東浦花の湯の営業時間は?

東浦温泉花の湯東浦花の湯の営業時間は、11:00~22:00(21:30最終受付)となっています。海水浴シーズンとなる8月は無休、以外の月は第2火曜日が定休日となっています。

 

東浦花の湯の値段や割引・クーポンについて

東浦花の湯の入湯料については、大人(12歳以上)が730円、子ども(4歳から12歳未満)が410円と、平均的な金額帯となっています。土日祝も関係なくこの料金になっています。

JAFの優待割引などで使えるクーポンを探してみましたが、残念ながら見当たりませんでした。

\HOYがJAFに加入する3つのわけ!/

  1. 全国約47,000の会員優待施設で、割引やプレゼントなどの優待サービスを受け年会費をペイしている
  2. 24時間365日「バッテリー上がり」「キー閉じこみ」「パンク」などのロードサービスが無料で何度でも受けられること
  3. 月換算したらたったの333円で会員になれること

 

東浦花の湯の駐車場について

駐車場は敷地内に完備しており、無料で利用できます。

スポンサーリンク

東浦花の湯の情報

公式サイト東浦花の湯 公式ホームページ
場所Google Map
営業時間11:00〜22:00(21:30最終受付)
定休日第2火曜日
※8月は無休
駐車場無料(約100台)
日帰り入浴大人(12歳以上):730円
小人(4歳以上):410円
4歳未満:無料
割引
▼▽ このエリア周辺のレポートを探す ▽▼
淡路島エリア一覧